合同会社オフィステイクオー

●TOP●


本を出したい方!
自費出版・商業出版、
また最近注目のPOD出版・電子出版について
ご相談を承ります。

自費出版とは?

デザイン費や印刷費など、経費の全部をご自身で負担する出版形式です。
通常、200万円近く費用が必要ですが、売上はすべて著者の収入となります。
弊社では自費出版をあつかう出版社をご紹介いたします。

 

商業出版とは?

ご自身で立てた企画や執筆した原稿を出版社から刊行する方法です。
経費はすべて出版社が負担し、著者には印税が支払われます。
印税には初版部数保証や完全売上印税などがあり、税率は販売価格の5%から10%。
ただし、出版社の意向にしたがう必要があり、企画が通る可能性も低いのが実情です。
弊社ではお預かりした企画を精査し、出版社への売込みを行います。

 

POD出版

PODはプリント・オン・デマンドの略で、注文を受けてから印刷する出版形式です。
そのため、印刷や流通などの経費は価格に反映させることができ、著者が費用を負担することはありません。
経費ゼロからの出版が可能となりますが、販売はAmazonのみで、一般的な書籍よりも価格を高く設定する必要があります。
弊社ではPOD出版の一切をプロデュースいたします。


詳しくはこちらのページをご覧ください!
●POD出版について

 

電子出版

印刷物ではなく電子データとして著作を出版する方法です。
配信はAmazonなどで取り扱われ、実売に応じて50%以上の印税が支払われます。
経費をご自身で負担することはありませんが、専用のデータを作成する必要があります。
また、マンガなどの一部を除き、まだまだ印刷書籍よりも売上数は伸び悩んでいる状態です。
弊社では電子書籍取次ぎ業者をご紹介いたします。